発毛剤・育毛剤

男性型脱毛症(AGA)の治療にはプロペシアが使われますが、プロペシを服用したからと言ってすぐに劇的な変化が出ることはありません。

男性型脱毛症(AGA)の治療は長い目で見て、根気よく続けていくことが大切です。

治療経過として、プロペシアを服用し始めた頃、治療を始める前に比べて抜け毛が増えることがあります。

これは初期脱毛と呼ばれます。

初期脱毛は2か月くらいでおさまります。

初期脱毛は毛周期に関係していると言えます。

古い髪が新しい髪に生え変わることで髪が抜け落ちるためおこると言われています。

しかし、これは毛周期が元に戻ろうとしている現象なので、プロペシアが効いている証拠なのです。

初期脱毛が終わると、抜け毛の減少や、産毛が生えてきます。

この期間を脱毛停止期と呼びます。

ひらめくビジネスマン
脱毛停止期が終わると、髪が太くなったり、髪が増え始めます。

この期間は、改善開始期と呼ばれます。

その後、一本一本の毛が太くなり、今まで生えていなかった所に毛が生えてくる急速改善期と呼ばれる期間が来ます。

次に、急速な改善から、安定した改善へと向かう安定改善期を迎え、最後には安定期と呼ばれる期間が来ます。

この時点で男性型脱毛症(AGA)の治療は成功しています。

しかし、プロペシアの服用をやめると、約半年で元の状態に戻ると言われているので、注意が必要です。

発毛・育毛ケアのリーブ21