発毛剤・育毛剤

男性型脱毛症(AGA)かどうかを判断するには、遺伝子検査を行う必要があります。

症状で判断することもできるのですが、他の脱毛症や皮膚病が原因の脱毛と見分けがつきにくいので、気になるようであれば遺伝子検査をしたほうが確実です。


この遺伝子検査は以前まで病院でしか出来ませんでしたが、現在では自宅で男性型脱毛症(AGA)の検査が出来るようになりました。

また、遺伝子検査には、フィナステリド感受性試験という方法があります。

フィナステリド感受性試験とは、男性ホルモン受容体に対するDHTの結合度を調査するものです。

フィナステリド感受性試験で、フィナステリドであるプロペシア錠の有効度が判断できます。

しかし、一般的に医師の目視による判断で薄毛治療が行われます。

その他にも、病院に行くほどではないが男性型脱毛症(AGA)かどうかを知りたいという方には、AGAチェックというものがあります。

AGAチェックとは、いくつかの質問に答えるだけで、自分自身の毛髪の状態と将来の毛髪の状態が分かります。

AGAチェックで分かる具体的なものは、自分自身の薄毛がAGAによるものなのかどうかや、プロペシアが効くのか、自分自身の脱毛症は将来どうなるのか、AGAになりやすいのかが分かります。

【今だけ500円】リーブ21のAGA診断

  1. AGA診断は、リーブ21の40年の研究と30万人の診断実績があるからこそできるサービス
  2. 抜け毛を送るだけで、通院不要!薄毛や抜け毛の原因とあなたに最適な対策がわかります。
  3. 今だけ500円でできます。しかも送料無料!
  • クリニックなどで遺伝子検査をすると1万円以上はしますが、リーブ21のAGA診断は抜け毛を調べて脱毛のタイプを診断!
  • 簡単で、安く診断!薄毛・抜け毛で悩み始めた方、既に悩んでいる方でも、その脱毛タイプに合った対策を提案することができます。

発毛・育毛ケアのリーブ21

リーブ21の遺伝子検査、今だけ500円でできます。しかも送料無料!

男性型脱毛症・遺伝子検査キット”AGAドック”

  • AGAドックは10代~40代の男性を対象とした薄毛遺伝子の検査キットです。
  • 将来的なAGA発症(薄毛)の危険度を予測します。
  • 薄毛治療薬(フィナステリド=プロぺシア等)の治療効果を予測をします。
  • 検査方法はいたって簡単。綿棒でほほの内側を軽くこするだけです。
  • 検査結果は3週間後に郵送で届きます。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

発毛・育毛ケアのリーブ21