育毛Q&A(全て)

目次

育毛Q&A(あの有名な薄毛の原因の真実)

普通の運動で筋肉をつけても薄毛になりません。

ただ、ドーピングを行い筋肉を付けると、テストステロンの血中濃度が過剰に増加するのは悪影響を与えます。

朝シャンが薄毛の原因はウソです。

しっかりと忙しい朝でもシャンプーできるなら朝シャンは全く問題ありません。

整髪料を使う人は、そのまま眠ると頭皮に悪影響のため、夜シャンプーで洗い流すのがベストです。

シャンプーを使わない「湯シャン」は頭が臭<なったり、かゆくなったりと、トラブルが続出します! 湯シャンが良いという根拠は粗悪なシャンプーによる頭皮へのダメージを避けるためなので、「ウーマシャンプー」のようなアミノ酸系のシャンプーを使えば問題ないでしょう。
スカルプシャンプー

紫外は薄毛の敵!

むしろかぶって下さい!

「帽子はハゲる」とは昔から有名ですが、実は薄毛対策には逆に「帽子はかぷ
るべぎ」。

専門医によると、「紫外線は薄毛の原因の活性酸素を出やすくします。」とのこと。

直接、頭皮に紫外線を浴びると薄毛が進行しますので、帽子をかぶって紫外線から頭皮を守りましょう。

使わない方がいい!

ヘアトニックは頭皮に良さそうに思えますが、むしろ頭皮に悪影響を与える場合もあります。

爽快感を与える為アルコール度数が高い商品は逆に頭皮にダメなことも。

特に銭湯に置いてある商品は品質が悪い場合が多いので、避けたほうが無難です。

影響ないと思ってOK

プールに入ると髪が傷んで薄毛になると言われますが・・・。

塩素を洗い流すなら気にする必要はないと専門家は口を揃えます。

紫外線、塩素、衛生面とプールには薄毛の原因は多いと言われてますが大丈夫です。

特に原因とされる塩素も、最近の民間プールは濃度が低いケースも。

Load More

育毛Q&A(頭皮ケア編)

頭皮の汚れと薄毛はあまり関係ありません。

ネットには「皮脂汚れが薄毛を引き起こす」、「毛穴詰まりは薄毛の原因」という情報が見られますが、それらに根拠はなく、関係ない可能性が高いのです。(専門家・・・談)

ただし、身だしなみのことを考えると、ニオイが発生してしまうことを考えれば、日々の洗髪で最低限皮脂汚れを取るのは悪いことではないです。

NGです!

頭皮をトントンするだけで薄い部分をカバーできる黒い粉ですが、意外と手間がかかるうえにかゆみまで出るようです。

かなり入念にトントンしないと隠れないし、濡れたら流れてしまうため、雨の日に使うのは不安になってしまいます。

保湿は必須です。

頭皮は、私たちが思っているよりも乾燥しています。

頭皮が乾燥すると、フケの原因になることもあります。

日頃から頭皮の保湿を心がけましょう。

育毛に適した頭皮の土台作のために、頭皮の保湿は心がけておきたいところですね。

本当です!

サロンでの頭皮ケアのマッサージ)は気持ち良いでしょうが、高額をかけるほどの効果は期待できません。

育毛サロンでは「医師による医療行為」「医薬品の処方」が出来ません。

ですから、サロン独自の検証に基づいた施術は、医薬品ほどの効果が実証されているわけではないそうです。(専門家・・・談)

医薬品が流通している今の時代、あえて育毛サロンに行く必要はないかも知れません。

ちなみに、クリニックは「医師による医療行為」「医薬品の処方」が可能です。

2020年以降、サロンで行える美容整形で毛包再生という技術も導入されると、根本的に毛髪の絶対数を増やせるかもしれないと言われています。

サロンの今後の技術展開には注目したいところです。

頭皮に付けなければOKですが、基本的には不要です。

リンスをどうしても便いたい場合には頭皮を避けて、毛先を中
心に付けましょう。

髪をサラサラにするなど良いイメージのあるリンスですが、頭皮環境を考慮するとむしろ付けないほうがいいのです。

シリコーンは毛穴詰まりの原因として悪者にされがちですが、シリコーン入りでも育毛の邪魔にはなりません。

シリコーンは毛髪の表面を保護してくれ、育毛剤の浸透も阻害しません。

一概に悪いとはいえません。

力を入れて洗うのはNG!

髪は優しく洗うのがコツです。

指先でのゴシゴシ洗いは洗いムラの原因になり、頭皮に良くありません。

軽<湯洗いした後、シャンプー洗いを2回ゆっくりと。 これで頭皮環境が改善されることもあります。

ぬるま湯が良いのは本当です。

熱いシャワーは頭皮の乾燥によってフケの原因になり、頭皮環境が悪化してしまうおそれもあります。

ですから、シャワーの温度は37~39度が最高です

頭皮マッサージのための機器はたくさんありますが、頭皮マッサージに期待しすぎるのはNGです!

頭皮マッサージによって、頭皮の血行が良くなり髪に栄養が行き渡りやすくなると一般的には言われていますが、育毛効果は期待できません。

しかし、気持ち良いのは確かですので、気持ちの良さを求めるなら頭皮マッサージもありです

ケアするなら普通に手でするだけで十分です。

頭の筋肉と頭皮が凝り固まると、重力に引っ張られて顔が疲れた印象になり老けて見えます。

手のひらを使い、重力に逆らうように頭皮をマッサージすると頭の筋肉が本来の位置に戻り、顔の印象も若々しくなります。

Load More

育毛Q&A(髪型編)

本当です。

普通のワックスは、実は薄毛の人だと頭皮が見えやすくなりあまり良くないです。

なぜなら、「髪と髪をくっつけてボリュームを抑える」のが目的のためだからです。

そこでぜひ使ってほしいのがこの粉ワックス。

シュワルツコフ オージス ダストイット。

コレは 逆に【ボリュームを出す】ことができます。

普通のワックスを使っている人、今すぐシュワルツコフ オージス ダストイット に乗り換えて!

嘘です。

「坊主」になると、さっぱりした印象で良いと思いがちですが、サイドの髪が濃い人は薄毛が目立ちます。

タイプによっては逆効果になることもあります。

そういう方は特に「髪型でカバー」を考えてみましょう。

本当です。

パーマが髪のボリュームUPへの近道です。

パーマによって、簡単に髪のボリュームUPでき薄毛カバーの髪型には大活躍します。

専門家の意見では、頭皮に悪いと言われているパーマ液も毎月パーマをしなければ大丈夫です。

Load More

育毛Q&A(食事編)

本当です。

髪に嬉しい栄養素である【亜鉛】は食事のみで摂ろうとすると、人によっては貝類などの亜鉛を多く含む食材が苦手だったり、たくさん量を食べるのが難しい場合もあるかもしれません。

食事で摂りきれない亜鉛はサプリで効率的に摂ればOKです。

本当です。

辛い食事は頭皮や髪に良くないという風潮があります。

それは、「刺激物の摂取が肌荒れの原因に」といった通説も原因の一因みたいです。

しかし、専門家によれば、辛い食べ物と薄毛は直接関係ないので食べてもOKです。

辛い食事は胃腸を傷めない程度に楽しんで大丈夫です。

嘘です。

髪にも頭皮にも最悪です。

揚げ物中心の生活だと皮脂が増えてニオイの原因になります。

また、ビタミン不足になりやすく老けた印象になります。

そして、揚げ物は過剰に油を摂取してしまう原因になり、毛根にとっても良くありません。

特に野菜は、揚げ物以外の調理法で食べるのがいいです。

「お酒を飲むとハゲる」は迷信!

お酒の飲みすぎは生活習慣の乱れを思わせ、髪にも良くないイメージがありますが、実際の因果関係はわかっていません。

ですから「お酒=悪い」とは言えません。

でも、おつまみの食べすぎには注意してください。

ワカメの過剰摂取はかえって薄毛になるかも。

ワカメは、「髪に良い食べ物」の代名詞です。

それは、ミネラルを豊富に含むからです。

しかし、実は食べすぎは逆効果になるかもしれません。

ヨード過剰摂取による甲状腺ホルモンのバランスが崩れて毛周期が乱れ、かえって薄毛になってしまうおそれがあります。

フサフサの髪を目指すなら、亜鉛が豊富な貝を食べましょう。

なぜなら、髪にとって大事な栄養は亜鉛だからです。

特に貝類は亜鉛を多く含むうえに脂肪も少ないので、積極的に摂っていきましょう。

カキやホタテ、あさりもオススメです。

Load More

育毛Q&A(生活習慣編)

嘘です。髪に影響があります。

専門家によると、

「薄毛の原因になるとは断定できませんが、頭皮の細菌環境が変わると免疫力や毛周期に影響を及ぼすおそれもあります。」

とのことです。

また、

「髪が濡れたまま寝ると雑菌が増えるので乾かしたほうがいい」という意見もあります。」

少なからず影響は出そうなので、ドライヤーを頭皮へあてすぎない程度に乾かしましょう。

本当です。

早く髪を乾かしたくて、高温のドライヤーを強風モードで地肌ぎりぎりの距離であててしまうことはないでしょうか?

ドライヤーの風は頭皮環境の悪化になります。

その理由は、ドライヤーの風を直接頭皮にあててしまうと、乾燥のリスクが大きくなり、さらには頭皮の炎症や火傷を引き起こし、髪が抜けるなんておそれもあります。

ドライヤーを使っていて、頭皮が火照ったときは、刺激の少ない冷風をあてるのもひとつの手です、

まずは「高温を頭皮に直接」からやめて、ドライヤーを慎重に使いましょう!

よく美容院では洗髪後に肩のマッサージとともに頭のツボ押しをされることがあります。

専門家の見解では、直接育毛効果があるかというと「正直不明」とのことです。

頭頂の「百会」というツボは血行を促進すると言われてますので、気分を変えたいと
きやリラックスしたいときにツボ押しするのはいいでしょう。

ただ、別に習慣化して毎日気張ってやる必要はないでしょう!

絶対NGではないです。

タバコに含まれるニコチンは、

「毛細血管を収縮させ血流が悪くなる」

「毛髪に必要なビタミンCを破壊する」

として髪の大敵にされがちですが、喫煙と薄毛の相関を裏付けるデータはないので、、そんなに気にしなくてOKです。

実際、フサフサの喫煙者もいれば吸わない薄毛の人もいます。

育毛にはなりません!

運動不足は薄毛の大敵という情報も出回っていますが、実際の相関は不明です。

運動してもしてもしなくても関係ありません。

運動に関しては、筋トレ同様髪とは大きく関係しないと考えられています

夜しっかり眠ることを心がけましょう!

睡眠は、やはり髪にも大切です。

睡眠は大切とネットや雑誌でも謳われていますが、睡眠に関してはまさにそのとおりです。

専門家によれば、睡眠不足は、ホル・モンバランスを崩し毛周期に悪影響を与え薄毛の原因になるようです。

しかし、「22~2時は絶対寝るべき」説に関しては、そこまで“絶対”ではありません。

ただ、やはり睡眠は髪には大切な要素なので、夜しっかり眠りましょう!

Load More

AGAに関するQ&A


本当です。

AGA・加齢・病気があります。

AGA(男性型脱毛症)以外に加齢や病気という原因もあります。

「薄毛治療」となると一般的にはAGAがほとんどです。

薄毛が気になってきた年代が20~40代なら「AGAでは?」と疑ってみましょう。


違います。

AGAは専門医によれば多因子遺伝母方の遺伝であることが多いのです。

母方の祖父が薄毛ならAGAの可能性が高いかもしれません。

つまり、ストレス、食生活は関係ありませんので、自分の生活を見直すより母方の家族に目を向けましょう!


あります。

AGAの原因は、毛周期が異常状態なサイクルのため、抜け毛が増えてしまうことです。

そのため毛周期を正常に戻すことを目的とした薬があります。

正常に戻す薬でAGAの進行は止まるといえます。


嘘です。

白髪は薄毛とは因果関係はないようです。

「白髪が多いとハゲにくい」という説は、昔から言われてますが、実際は白髪とAGAの原因は違うので因果関係はないと考えられています。

白髪が増えたら薄毛とは別の処置を行いましょう。


嘘です。

AGAは「遺伝」がほとんどなので遺伝がなければ、毛深くてもAGAになる確率は極めて低いようです。

ネットでは色んな意見があって、毛深いと男性ホルモンが多く抜けやすいという説もありますが、毛深いから「髪が薄くなる」というわけではないのです。


嘘です。

薄毛といえば、M字とO字がイメージしやすいでしょう。

基本的にはAGAで変わらないので、薄毛のなり方が違って原因は別だと思うかもしれませんが、同じです。

ただ、円形脱毛症など病気とAGAが併発している場合もあるので病院で診断を!

*上記のQ&A引用先:MONOQLO(モノクロ) 2019年3月号 (出版社: 晋遊舎)の内容を基に書き直しました。