育毛Q&A(生活習慣編)

ダメな生活習慣は薄毛の原因に!

嘘です。髪に影響があります。

専門家によると、

「薄毛の原因になるとは断定できませんが、頭皮の細菌環境が変わると免疫力や毛周期に影響を及ぼすおそれもあります。」

とのことです。

また、

「髪が濡れたまま寝ると雑菌が増えるので乾かしたほうがいい」という意見もあります。」

少なからず影響は出そうなので、ドライヤーを頭皮へあてすぎない程度に乾かしましょう。

本当です。

早く髪を乾かしたくて、高温のドライヤーを強風モードで地肌ぎりぎりの距離であててしまうことはないでしょうか?

ドライヤーの風は頭皮環境の悪化になります。

その理由は、ドライヤーの風を直接頭皮にあててしまうと、乾燥のリスクが大きくなり、さらには頭皮の炎症や火傷を引き起こし、髪が抜けるなんておそれもあります。

ドライヤーを使っていて、頭皮が火照ったときは、刺激の少ない冷風をあてるのもひとつの手です、

まずは「高温を頭皮に直接」からやめて、ドライヤーを慎重に使いましょう!

よく美容院では洗髪後に肩のマッサージとともに頭のツボ押しをされることがあります。

専門家の見解では、直接育毛効果があるかというと「正直不明」とのことです。

頭頂の「百会」というツボは血行を促進すると言われてますので、気分を変えたいと
きやリラックスしたいときにツボ押しするのはいいでしょう。

ただ、別に習慣化して毎日気張ってやる必要はないでしょう!

絶対NGではないです。

タバコに含まれるニコチンは、

「毛細血管を収縮させ血流が悪くなる」

「毛髪に必要なビタミンCを破壊する」

として髪の大敵にされがちですが、喫煙と薄毛の相関を裏付けるデータはないので、、そんなに気にしなくてOKです。

実際、フサフサの喫煙者もいれば吸わない薄毛の人もいます。

育毛にはなりません!

運動不足は薄毛の大敵という情報も出回っていますが、実際の相関は不明です。

運動してもしてもしなくても関係ありません。

運動に関しては、筋トレ同様髪とは大きく関係しないと考えられています

夜しっかり眠ることを心がけましょう!

睡眠は、やはり髪にも大切です。

睡眠は大切とネットや雑誌でも謳われていますが、睡眠に関してはまさにそのとおりです。

専門家によれば、睡眠不足は、ホル・モンバランスを崩し毛周期に悪影響を与え薄毛の原因になるようです。

しかし、「22~2時は絶対寝るべき」説に関しては、そこまで“絶対”ではありません。

ただ、やはり睡眠は髪には大切な要素なので、夜しっかり眠りましょう!

Load More

*上記のQ&A引用先:MONOQLO(モノクロ) 2019年3月号 (出版社: 晋遊舎)の内容を基に書き直しました。