発毛剤・育毛剤

AGA現在、フィナステリドが含まれるプロペシアAGAの治療薬として処方されています。

AGAにはテステステロンとDHTの2つの男性ホルモンが関係しています。

テステステロンは一般的に善玉男性ホルモンと呼ばれ、筋肉や骨格の成長と維持、体毛の増加、精子の形成など男らしさを作り出す機能を持っています。

善玉男性ホルモンは、男性の成長には欠かすことのできないホルモンです。

善玉男性ホルモンであるテステステロンは、睾丸と副腎から分泌されます。

このテステステロン自体には薄毛を起こす作用はなく、髪の毛母細胞に運ばれたときに変化するDHTというホルモンが薄毛を起こす原因です。

フィナステリド
テステステロンは5α-還元酵素により、悪玉男性ホルモンであるDHTへ変化します。

この5α-還元酵素により変化したDHTは、ニキビを増やしたり、皮脂を増加させ、前立腺肥大などの作用があるため、悪玉男性ホルモンと呼ばれています。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、この5α―還元酵素の分泌を抑える働きがある。

それにより、悪玉男性ホルモンであるDHTを抑える効果があります。

発毛・育毛ケアのリーブ21