発毛剤・育毛剤


発毛に効果があるとして現在、育毛剤などに含まれているミノキシジルは、薄毛対策としてではなく元々血管拡張剤として開発された成分です。

後に発毛効果があることが発見され、日本ではリアップとして外用育毛剤が販売されています。

日本以外では、ロゲインとして外用育毛剤が販売されています。

ミノキシジルは始め高血圧の薬として使用されていました。

その後、髪を育成し脱毛症を回復する効果が発見され、ロゲインとして販売されました。

ロゲインは、内服薬としては副作用が発見された為、現在は頭部に塗る外用育毛剤として販売されています。

ミノキシジルは頭頂部の薄毛に多大な効果を発揮しますが、生え際やM字の薄毛には効果が期待できません。
薄毛対策に効果があるフィナステリドとは作用が異なるので併用が可能であり、フィナステリドとミノキシジルをそれぞれ個別に使用するよりも発毛効果を高めることができます。

したがって、プロペシアとリアップは併用が可能です。

また、副作用がほとんどないフィナステリドと違い、ミノキシジルが含まれているリアップは副作用が確認されています。

最も多い副作用は頭皮のかゆみです。

アレルギーにより炎症を起こすことでかゆみが発生します。

また、ミノキシジルは本来高血圧用の治療薬であるため、使用により低血圧になることもあります。

そして、体重増加や性欲の減退、むくみ、動機、眠気や頭痛などの副作用が確認されています。

使用するには副作用を考慮したうえでの使用をお勧めします。

発毛・育毛ケアのリーブ21