発毛剤・育毛剤

【発毛・育毛ケアのリーブ21】たったの500円!AGA診断ワンコインキャンペーン

発毛・育毛ケアのリーブ21

リーブ21の遺伝子検査、今だけ500円でできます。しかも送料無料!

抜け毛・薄毛は早期発見とケアが大切


毛髪について、脱毛を病気と仮定すると、ストレス・血行不良・体質の遺伝・生活習慣(食事・睡眠)紫外線・シャンプー等、多種多様な原因が複雑に影響しあうために、発病(脱毛)したと考えられます。

また、別の見方をすると、ストレスや生活習慣の乱れは生活習慣病を(肥満・脂質異常症・高血圧症・糖尿病・痛風等)を発症し最悪、心筋梗塞や脳梗塞で死亡まで発展する危険性があります。

つまり、脱毛の原因とされている事柄は生活習慣病と密接に関わっているとも言えます。

従って、健康等の異常の早期発見が生活習慣病などの病気予防につながることは多くの方々が周知されていると思います。

しかし、脱毛予防・発毛促進と密接に関わっていることを認識している方は多くないように思います。

脱毛予防のためには病気と同じく、毛髪や頭皮の状態の把握等、早期発見によるケアが大切です。

愛媛県立医療技術大学 大学院教授 則松良明 先生 (談)

遺伝だけではない!AGAと生活習慣病の関係


近年、薄毛に悩む人の数は、増加傾向にあり、中でもAGAに脳まれている方は大勢いらっしやいます。

AGAは、遺伝的要因と男性ホルモンによる影響が強いというイメージがありますが、環境的要因も関与していると考えられています。

リーブ21との共同研究でも、脂溶性の高い食事が脱毛を進行させるなど、生活習慣やストレスなどの環境的要因が、AGAの進行に関与している可能性が示唆されました。

その調査結果は「脱毛の簡易分類およびAGAに影響を及ぼす生活習慣の年代別傾向」として第15回日本抗加齢医学会総会にてリーブ21との座学連携で共同発表をしています。

  • 調査対象者:リーブ21会員の20代~40代の男性196名
  • 2015年付 近畿大学とリーブ21の共同プレリリースより。

近畿大学 薬学部 医療薬学科 公衆衛生学研究室 教授 川崎直人 先生 (談)

発毛・育毛ケアのリーブ21